メインメニュー
PICK UP !
提携Shopリスト
オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが うぇブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
管理者ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最新ブログエントリ
トップブログエントリ
■通販法に基づく表示■
■通販法に基づく表示■ 当サイトは、アフィリエイトプログラムにより商品をご紹介致しております。 アフィリエイトプログラムとは、商品及びサービスの提供元と業務提携を結び 商品やサービスを紹介するインターネット上のシステムです。 従いまして、当サイトの商品は当サイトが販売している訳ではありません。 お客様ご要望の商品、お支払い等はリンク先の販売店と直接のお取引となりますので、特商法に基づく表記につきましてはリンク先をご確認頂けます様お願い致します。 商品の価格 商品の詳細 消費税 送料 在庫数等の詳細は時として変わる場合も御座います。 当サイトだけではなくリンク先のサイトも良くご確認頂けます様お願い致します。 また、当サイトの掲載情報をご利用頂く場合には、 お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けます様お願い致します。 当サイトでは、一切の責任を負いかねます事ご了承願います。 尚、掲載商品に関するお問合せはリンク先に御座います企業宛までお願い致します。 当サイト管理者側ではお答え致しかねます事、ご了承ください。
■サイト運営者 伏木 明 ■メールアドレス fwood0127@yahoo.co.jp ■住所 大阪府吹田市江の木町13-3 ■TEL 090-8190-0956
うぇブログ - phoustさんのエントリ
 phoustさんのエントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2013/04/08
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: phoust (2:26 pm)
石窟は印章の芸術の漢に影響し
て晩期の農民蜂起に代わって、地主階級に分化を鎮圧して開運印鑑、利益で釣って、解体しますが、しかし地主の勢力者の武装グループの内部の争奪はもっと拡大します。長期にわたり政権の結果の形成を奪い合って三国が対立します。西暦紀元263年魏は蜀漢が消えて、265年司馬炎は軍が魏国の政権を奪い取ったことを率いて、晋国に改名して、西暦紀元まで280年晋はまた呉が消えて、65年の3分の局面、ひとまず統一的に。
晋は統一的に間もなくて、長期にわたり混戦を経るため、人口減少、土地は荒れ果ててハンコ、支配階級の贅沢な生活は決して変えなくて、そのため更に人民の搾取に対して強めます。北部の匈奴人、東北の鮮卑人と陝西の甘い一帯のとも、羌などの少数民族に住んでいて、常に漢族地主階級の抑圧を受けて、民族の矛盾は日に日に鋭いです。統治者の内部の紛争のの“8人の王の乱すこと”を引き起こして、少数民族もすべて次から次へと起きます。晋の残存勢力は江南まで(へ)退いて、東晋の政権を創立しますはんこ。南方が安寧に比べてため、人口は南に移して、南方の農業、手工業の開拓と発展を促します。この中(間)の国分で南北の2冊で、つまり歴史の上の南北朝の時代。
南朝(西暦紀元317-589年)は晋、宋、斉、梁、陳を経験しました。北朝晋が崩壊した後で(西暦紀元317―439年)、漢、匈奴、鮮卑、去勢された雄羊、氏、羌などの族から相前後して大きさ16国を創立したことがあって、最後は鮮卑のから統一して、魏国を創立して、歴史の上で称した後に魏あるいは北魏(西暦紀元493-534年)。東魏、西魏、北斉、北周を通って、西暦紀元581年至って、周国と楊堅は政権を奪い取って大きい皇帝を語って、隋の朝鮮を創立します。西暦紀元589年隋江南に出兵して、陳が消えて全国を統一します。
魏晋南北朝360年余りの中で、戦乱は頻繁で、人民がそれを深く受けられるのは苦くて実印、しかたなくあちこち移動して、苦労をなめ尽くして、しかし同時に互いに接触する機会を増加して、各民族の文化の交流を誘発しました。人民が安寧は、来世の思想を済度することを求めるため、仏教の興って広めることに機会を創造しました。北方は大いに石窟を開けて、南方の広建の寺院。これは人々の思想に影響するだけではなくて、絵画、彫塑、建物、技術のなど技術レベルの高めることに影響して、同時に印章の芸術に影響します。
2013/04/08
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: phoust (2:26 pm)
漢は印章の装飾に代わりま
す 漢は印章の装飾に代わって、過去の密度の自然な特徴を受け継いでハンコ、同時にまた発展するのが法律まで(へ)厳格で、気勢の重厚な特徴。文字印、画像印あるいは写真付きの文章の結合印なのに関わらず、それぞれ姿がありますが、変化が多くて、しかし局部の間、法律は人情と道理に依存して、互いに持って世話して、仲が良い一気に、気勢は雄壮で、元気いっぱいです。画像印の装飾、前すでに少し述べて、このところはもっぱら文字印と写真付きの文章印で言います。
1.文字は組み合わせて、統一を団結しま
す 漢印中の文字は組み合わせて、団結のために一気にの方法はたくさんです。引き延ばして移して印鑑、増減の文字の双方間のがあって、文字の朱白分布の調剤、文字の整列順序の変動など。簡単な言葉の:3字に相当して、交換して、変わります。
(1)相当して、字と字の間の組合せです。前が文字の構造を述べた中の臨時に借りること、エピソード、増減、は伸び縮みして手段、すべて字の均整が良さために。同様に筋道の中で字と字の組合せ関係、使って、エピソードなどの手法を臨時に借りることを要して、それによって全印の一致団結に達します。“淳于の立印”のようです、それぞれ筆画のどれだけの分布のを押して、4字の4等分する常規の処理に限られるだけではありません。“中里の唯印”の中“唯印”の2字、双方の雌を上り下りするのが雄で不揃いで、伸ばして縮めることがあるあって、1つの字のようです処理に来て、それによってすべてしっかり仲が良い勢いを印刷してあります。
(2)交換して、印中の朱白文は交換します。1印中の筆画の少なすぎる字、もし筆画に増えるならば開運印鑑、自然を失いやすいです。朱白文の中で、書画のより少ない字を譲って、陽文に替えて、白線の空間の間隔を増加して、これで全印朱と白くて均整が良い割合関係を調整しました。例えば“破れている小石から”、“陳同の印”、“裴君がすでに印刷した”、“鄭博士印”などの印中の朱白文、初めて全て白文ようなこと;あるもの全て陽文のようで、しかし注意深くじっくり見て、方はある程度入り組んで交換に目覚めます。特に“裴君はすでに印です”の中で“君すでに”の2字は白いワイヤフレームの柵をつけ加えて、の更に増加する一層の錯覚、審美の曲折性を加えました。
(3)変わって、印文の整列順序で、変えることができますはんこ。前もし“印文順列”の1節(つ)は述べるならば、その中はたくさん印文を並べるのが均整が良くて宣、密度に相当して独特のおもしろみがあらせる、全体の統一、変動のその文字の読み方の順序の、時計の針と逆回りの回族の言語の読み方のようです。


Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project
Notice [PHP]: Only variable references should be returned by reference in file /home/users/2/lolipop.jp-dp30172309/web/modules/weblog/class/entry.php(492) : eval()'d code line 5
Notice [PHP]: Only variable references should be returned by reference in file /home/users/2/lolipop.jp-dp30172309/web/modules/weblog/class/entry.php(492) : eval()'d code line 5
Notice [PHP]: Only variable references should be returned by reference in file /home/users/2/lolipop.jp-dp30172309/web/modules/weblog/class/category.php(394) : eval()'d code line 5
Notice [PHP]: Only variable references should be returned by reference in file /home/users/2/lolipop.jp-dp30172309/web/modules/weblog/class/category.php(394) : eval()'d code line 5
Notice [PHP]: Only variable references should be returned by reference in file /home/users/2/lolipop.jp-dp30172309/web/modules/weblog/class/entry.php line 96
Notice [PHP]: Only variable references should be returned by reference in file /home/users/2/lolipop.jp-dp30172309/web/modules/weblog/class/entry.php line 96